EndlessSHOCK 2017 博多座

c0225648_20131768.jpg



「EndlessSHOCK 2017 博多座」今回もキメてきましたーーー
あは、キメてくれたのは、光一座長とカンパニーのみなさまなのですが!!!

 (↑ 博多座正面玄関の写真は、亀担からお借りしました)

2年ぶりの博多座マンスリー、今春SHOCK映像販売記念で
タワレコでSHOCKのお衣裳が展示され見ていたので、少しはSHOCKチャージ
できておりましたが、2年は長かった、、、、、
「SHOCKチャージがきれてしまう~~~」と言ってたから
帝劇、梅芸のチケットとってあげるよ~~と、ありがたいお言葉いただくこともありましたが
遠征にはイマイチ乗気になれなくて、、、 ➡ 自分を押さえることも大事
しかし、最近は1回くらい遠征するのもわるくないかなと思い始めておりますが、、、



今回のSHOCKも進化していて、今までみたなかでベストでした!!!
デビュー前からのファンで、一緒に見た観劇歴の長いヲタちゃんも「ベスト」だと!!!
光一くんの素晴らしいところは「覚悟と努力」「いいものを作る」ことですが
(他にもたくさんあります!!!)
ひとつの舞台で、あのように表現の幅広げられるものかとおどろきを越えて
もう、なんと言っていいかわかりません



初見で、ものづくり師匠として一方的についていこうと決めてから
ステージを見るたびに、裏切られることは絶対にないし
ファンとして、誇らしい気持ちでいっぱいです (^^)


c0225648_20145686.jpg



カンパニーのみなさんのこと書くのは大変なので、ライバル役の内くんのことを
2年前も内くんでみましたが、今回彼はとても成長していました
SHOCKでも数回見ているのだけど、彼が主役の舞台も見たことがあるんです
「素直な」演技は見ていてとても気持ちがいい
ご本人もとても素直なのだろうと想像しています





舞台にかぎらずなんでも「素直さ」が出ている表現は、見ていて気持ちのいいものです
お客さまからよく見られるように、、と役者さんたちは当然思っているだろうけど
そこを越えた素直な表現が「SHOCK」には、内くんにかぎらず
カンパニーみんなに、ステージいっぱいにあふれているんです
お客さまのために、大切なものを届ける、、、
そのエネルギーを体感できるワタシたちは、ほんとに幸せです

日本一取れないチケット、、なので
➡ 個人的にこのような言い方は好みではないのだけど、他の言い方がわからない


まだまだ、博多座SHOCK、というか、2017年のSHOCK、
大千秋楽までありますが、無事に幕があがり、ケガなく幕がおりますように
来年も博多座でSHOCKがありますように!!!!!
SHOCK、大好きーーー (^^)



[PR]
by atelier36 | 2017-10-14 21:13 | 日々